So-net無料ブログ作成

ウェーダーのソール修理。ボンドでぺとっとナ。 [釣り道具]










070906_01.jpg
 ウェーダーです。フローターをセットで買った時についてきたモノなので、もう5年以上前のものなのであります。見たところドッてことなですナ。しかし…。





070906_02.jpg
 ソールがはがれて来ました。まぁ当然と言えば当然ですね。新しいの買おうかとも思ったけど、貼ればすむことなので修理することにしました。





070906_03.jpg
 使った接着剤はこれ。ずいぶん前に買ったものだけどまだ使えそうです。合成ゴムとかに向いてるやつです。昔は黄色のしかなかったけど、最近は透明のタイプも売っています。ウェーダーのソールに使うなら色なんてどうでもいいンですが、今回は透明で。黄色の方が塗った所がきちんとわかっていいかもしれません。450円の値札が残ってます。 





070906_04.jpg
 まずフェルトの方にたっぷりと塗ります。このタイプの接着剤は、接着面両方に塗る→べたつかない程度まで乾かす→圧着する→乾かす(硬化待ち)、の手順で使います。フェルトは接着剤を吸うので2度塗りします。1回目をたっぷり塗ります。写真ではキワまで塗ってませんが、実際はキワまで塗ります。はみ出ても使用には全く問題ないです。




070906_05.jpg
 フェルトが塗れたら次はゴム。こっちはラクちんです。すき間なく塗ります。写真は途中。のりこしがいい加減だというワケではありません。きちんと塗ります。




070906_06.jpg
 手で触ってボンドがくっついて来ないようなら圧着します。感覚としては、ポストイットよりも粘着力がある程度でしょうか。足を通して体重で圧をかけようとも思いましたが、ずっと履いていられるワケでもなく、適当なモノもないので手でしばらく圧着した後、セロテープで留めておきました。







070906_01.jpg
 十分時間をおいてテープをはがしたら出来上がりです。ん?写真が1枚目と同じ?写真の撮り忘れですわ。修理後の外見は変化なしってコトで(^^;)







 これでまた釣りにいけますなー。







 これが超ロングセラーのボンド「コニシ G17」。色は黄色で、透明のタイプ(品番GC-170)よりも値段がちょっと安いです。20mL入りから、15kg入り!まで、ラインナップも豊富です。それだけ支持されているということで、品質・接着は確実なのでしょう。








Sponsored Link













この記事は2007年9月6日に他のサイトにアップしたものを再編集したものです。










[20070906]










Sponsored Link









 記事一覧(目次)はこちらです。





















nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 2

コメント 2

hideta-o

ボンドG17、長いですね。私も愛用してます。でも一度として、チューブの最後まで使えたためしがない!
by hideta-o (2016-09-10 15:38) 

のりこし

hideta-oさん:

 コメントありがとうございます。ボンドG17で通じる方もある意味「通」ですね。あの黄色が好きではなかった頃、クリアタイプが登場した時(20年以上前?)に、これで「黄色も終わりか…」と思った自分の素人さが、今になるとよくわかります。
by のりこし (2016-10-06 18:13) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0







この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。